前へ
次へ

バーベキューの歴史はいつから、驚く内容とは

バーベキューそのものは、火で肉をあぶるイメージがあり、ヨーロッパなどの原始の時代から存在しているのではないかと思われている人もいるのではないでしょうか。
その起源は、南米の先住民による姿であり、スペイン人が真似て、バーベキューが広がりだしたのです。
原住民は、木で骨組みを作ったり、穴を掘って、そこに火を入れ、肉を蒸し焼きにして食べていました。
スペイン語で、木の骨組みの事をバルバコアと呼び、これがバーベキューの元となる言葉でもあるのです。
より発展したのが、アメリカでの広がりです。
広がった理由は、簡単にできる内容だからではありません。
本格的なバーベキューは、蒸し焼きなどを含め、調理するのに大いに時間がかかるのです。
つまり、外で作った調理は、より美味しいイメージの文化がアメリカに根付きがあります。
そのため、現代においても、アメリカ人は外で食べる割合が日本人よりも多く、その文化が日本に入ってきているのです。
日本人の中でも、同じ料理であっても、部屋の中で食べるより外で食べる方が美味しく感じられる人も多くいるでしょう。

プラチナを買取するゴールドミセスに関する紹介
不用になった金やプラチナ製品を買取してくれるおすすめの買取業者の1つです。

合宿 免許
免許合宿の格安料金プランはどれ?ここで探そう!

七五三衣装のカタログ|フォトスタジオefy
七五三用に様々な素敵衣装をご用意しております

相続税
相続税ってなに?詳しく知らない人に向けた基礎知識をご紹介します

サラリーマンも副業で懐ほかほか!おすすめはこちら
ちょっとお小遣いが欲しい方に最適です!

Page Top